(船橋さん(仮名)/27歳男性/大分県在住/職業:企画営業)

私が初めてキャッシングを利用したのは、スロットの負け分を取り戻したいと思ったからです。スロットはいいストレス解消になります。企画営業という仕事は人と接することが多く、ストレスがたまっても顔に出すことはできません。その日のストレスはその日の内に解消して、次の日は晴れやかな顔で出社しようと心がけています。このことをアドバイスしてくれたのは同じ部署の先輩です。入社した時の指導役だったのですが、兄貴のように色々と心配してくれました。仕事がうまくいかなくて落ち込んでいた時も、気分転換にスロットに誘ってくれました。そのときからスロットをするようになったのですが、先日ついはまりすぎて負け続け、手持ちが寂しくなってしまったと財布をみたら、クレジットカードが目に入りました。これでキャッシングが出来ると気づき早速借りてみたところ、そのおかげで負け分を取り戻すことができました。まだ薄給の身なので本当に助かりました。それからも時々クレジットカードのキャッシングを利用しています。大分という地方都市に生まれ育ち、街中では親戚や知り合いと顔を合わせることが多いため、なかなかキャッシング専門店には入れません。クレジットカードなら、誰にも分からずに利用できるので便利です。そんなに大きい額を借りるわけでもないので深刻な感じもなく、上手に使えば生活の潤滑油になります。今では、もっと早く気が付けばよかったと思っているくらいです。