キャッシングとローンの違いとは

毎日の暮らしの中では思いがけないタイミングで高額の出費に見舞われてしまうことが少なくありません。そんな時に財布や銀行の預金残高も残り少なくてどうにも首が回らない時には、金融機関の借り入れサービスを活用すると便利に不足額を補うことが可能となります。

銀行や消費者金融に代表される借り入れ機関にて融資を受ける上では幾つもの種類がありますが、その中でよく目にするのがキャッシングとローンという言葉。これらはどちらも「お金を借りる」とか「借金する」といった同じ意味を持つものですが、しかしながら専門的に見ていくと少しずつ意味合いが異なってくる場合もあります。

例えばキャッシングとは単なるお金を借りるという意味だけでなく、それに加えて、手続きが簡単で、なおかつ融資が迅速に行われるという側面が付け加わります。主に申し込みはネットや電話、または自動契約機などで行えて、借り入れ審査も30分から60分ほどで行われ、それに通過すると即日融資が受けられる点も特徴的。しかしながら、その分、数百万から数千万に及ぶ高額ではなく、数万円から数十万円規模の少額融資が一般的となっています。

一方、キャッシングに比べてローンは、ある程度の専門的な審査が行われるので、その申し込み場所も実店舗の窓口となる場合が多いです。たとえば自動車や住宅や不動産の購入、子供の学資に関する融資、さらにはこれまでの複数の借金をひとつにまとめるにあたっての手続きに至るまで、数百万から時には数千万に及ぶ額を融資してもらえる場合もあります。その審査機関も2、3週間くらいかかる場合もあり、提出しなければならない書類もキャッシングに比べて数多くに昇ります。