タクシーや買い物で使いすぎるとキャッシングになる可能性も

日常の生活で買い物をしたときには、現金による代金決済の方法と、カードを利用した方法があります。カードがなかった頃には、お財布の中にある現金を確認して買い物をするのが当然でしたが、カードが登場してからは、手元に現金がなくても買い物が出来るようになりました。
キャッシングやカードローンには抵抗感を持つ人でも、銀行のキャッシュカードは持つでしょう。そして、この銀行のキャッシュカードにはほとんどの場合キャッシング機能が付いています。この機能は、例えば、クレジットカードや公共料金の引き落としで銀行残高が不足した時、自動的にキャッシング機能が働いて、自分でも気づかぬうちに利用している場合があります。キャッシングには利息が発生しますので、自分のキャッシュカードにはどんな機能が付いているのか確認することは大切です。
買い物だけでなく、ホテル代やタクシー代、そのた多くのものがカード決済が出来ますので、使いすぎに注意しましょう。